検索
  • 洋次郎

仁神術とは その五

みなさま、こんにちわ。


癒し処さんきち洋次郎でございます。

またもや、更新をせずに2ヶ月経ってしまいました。申し訳ありません。


一気に寒くなりましたがいかがお過ごしでしょうか?


さて、指握りのつづき。


前回は人差し指握りについてお話しさせていただきました。

今回は5本の指について簡単な説明をさせていただきます。


親指 Worry

脾臓、胃臓、心配、悩み、考え事、クヨクヨ、

人差し指 Fear

腎臓、膀胱、恐怖

中指 Anger

肝臓、胆嚢、怒り、イライラ

薬指 Grief

肺、大腸、悲しみ、寂しさ

小指 Pretense, trying-to

心臓、小腸、人、環境や人に合わせすぎ、自己のなさ


これらがそれぞれの指の意味することです。


仁神術の教えでは、

すべてはの滞りは意識と手の指、足の指で整えることができる、と伝えられております。


あたくしの経験からは、それを理解できません。しかし、指を握ることによって確実に何かが動き、流れ出し、そしてそれと同時に心の持ちようが変わり、取り巻く環境、人々が変わり、世界が変わることを毎日のように経験しております。


どの指を握るべきか、


あたくしは人差し指は裏切らないと考えておりますが、人によっては他の指を握った方がより効果的だとも考えております。

握るべき指は握った瞬間に心地よさ、もしくは心地悪さを感じます。

つまり、体の何かしらの反応を感じることが大切です。

また、自分の感情の傾向を指針として握るのも一つです。

さらに、冷えやすい指、なにかのおりに痺れてしまう指も体からのサインです。


初めのうちは何も感じないかもしれませんが、次第に何かしら感じ出します。

そこにいくまでが忍耐です。


指を握ることの凄さ、ぜひご自身で実験してください。


深呼吸、もしくはヨガの呼吸をしながらするとより効果を感じます。

お楽しみに!


次回は手のひらについて。




6回の閲覧

最新記事

すべて表示

仁神術とは その四

皆さま、お元気でしょうか? 熱海 癒し処さんきち 洋次郎でございます。 昨日熱海では初めて蝉の鳴き声が響きました。 また、伊豆山は緑が溢れ、伊豆山神社にはとても濃い空気が漂っております。 さて、仁神術のつづき。 指握り。 これが仁神術のエッセンスであります。 何回でこの説明が終わるかは未定です。 指握り関して本がありますが、このブログをきちんと読んでいただければ特に目を通す必要はないよう説明する心

皆さま、お久しぶりでございます。癒し処さんきち洋次郎でございます。

いちおうこちらのブログを毎月更新するつもりで始めたのですが、なかなか思うようには事は運ばないもので、ふと気づくと半年以上手付かずのままでした。。。 失礼いたしました。 ここにかきたいことは山ほどあるのですが、なかなか時間を取れずにいました。 なので、ここで、月一の更新を宣言いたします。 ということで、今日はここまで! ありがとうございます。

仁神術とは その三

ども、お久しぶりです。 熱海 癒し処 さんきち 洋次郎でございます。 皆さまお元気でしょうか? 前回メインセントラルについてあたくしなりの説明をさせていただきましたが、一つ訂正があります。 右手を頭頂部へ当て、その後左手を動かしていくのですが、眉間の次の鼻先が抜け落ちておりました。失礼しました。。。 なので、左手の動きは、 額、鼻先、胸骨、鳩尾、恥骨と5つの場所となります。 さて、今回はスーパーバ