検索
  • 洋次郎

仁神術とは。。。

こんにちは。鍼灸マッサージ 熱海 癒し処さんきち 洋次郎です。


このとても怪しげな言葉、『仁神術』

一体なんのことなのか気になる方が多いと思います。

これからさきしばらくこの仁神術について述べて行きたいと思います。


あたくしが仁神術を一般的に説明するときはただ単に気功という言葉を用いますが、もちろんそれだけではありません。仁神術は施術として第三者に行うこともできますが、それ以上に重要なのは自分自身に施術することができる、ということにあります。


ますます怪しげですね。


自分自身に対しての施術では何をするか、というと、

自分の両手を使い、気を通します。

何が起こるか、というと、

気の滞りがなくなり、元気になります。


多分ここまできてほぼ全ての人が疑いの眼差しになっていると思います。

分かります、実際あたくしも同じでした。

そんなことが起こるはずないと思っていました。

でも、これが起こってしまうんです。

不思議なんです。


仁神術をgoogleしてみると多分一様に『指を握る』というのが検索されると思います。

たしかにそれも大事ですが、あたくしの現時点での仁神術の理解は正中線(メインセントラル)と衝脈(スーパーバイザー、メディエーター)の気を通すこと、そして、指を握ることによって体、心の不調が解消される、ということにあります。

不思議ですね。


ではそれをどうやるか(self-help)ということを次回説明していきます。

お楽しみに!

543回の閲覧

最新記事

すべて表示

仁神術とは その五

みなさま、こんにちわ。 癒し処さんきち洋次郎でございます。 またもや、更新をせずに2ヶ月経ってしまいました。申し訳ありません。 一気に寒くなりましたがいかがお過ごしでしょうか? さて、指握りのつづき。 前回は人差し指握りについてお話しさせていただきました。 今回は5本の指について簡単な説明をさせていただきます。 親指 Worry 脾臓、胃臓、心配、悩み、考え事、クヨクヨ、 人差し指 Fear 腎臓

仁神術とは その四

皆さま、お元気でしょうか? 熱海 癒し処さんきち 洋次郎でございます。 昨日熱海では初めて蝉の鳴き声が響きました。 また、伊豆山は緑が溢れ、伊豆山神社にはとても濃い空気が漂っております。 さて、仁神術のつづき。 指握り。 これが仁神術のエッセンスであります。 何回でこの説明が終わるかは未定です。 指握り関して本がありますが、このブログをきちんと読んでいただければ特に目を通す必要はないよう説明する心

皆さま、お久しぶりでございます。癒し処さんきち洋次郎でございます。

いちおうこちらのブログを毎月更新するつもりで始めたのですが、なかなか思うようには事は運ばないもので、ふと気づくと半年以上手付かずのままでした。。。 失礼いたしました。 ここにかきたいことは山ほどあるのですが、なかなか時間を取れずにいました。 なので、ここで、月一の更新を宣言いたします。 ということで、今日はここまで! ありがとうございます。