検索
  • 洋次郎

バイオレゾナンス医学。

先日、とても興味深い治療院へ行ってきました。

それはF市にあるAクリニック。


バイオレゾナンス医学とは、東洋医学と西洋医学の融合で、本治を目指す医学です。(本治とは東洋医学用語で、対処治療ではなく根本治療のこと)診察はゼロサーチと呼ばれる機器を用いて私たちのカラダの細胞自身に語りかけ、その答えを聞く、というものです。


西洋的思考の方は、この診察をとてもうさんくさく感じるでしょうが、これは経験を積んだ気功師、鍼灸師たち、また、ヒーラーと呼ばれる人たちが自らの感覚を研ぎ澄まし、カラダの感覚、直感で病気の根本原因を探り当てる能力のことです。それを現代科学は特殊な機器を用いることによって一般の人にも可能にした、ということです。


診察中、Aクリニックの医院長はその機器を用いて、手書きの小さな絵をわたしの手のひらに次々と乗せ変えてブツブツと独り言。わたしが多くの質問をしたためかもしれませんが、診察は50分に及びました。(ちなみにAクリニックは鍼灸院ではなく、保険適応の内科です)処方されたのは漢方薬と西洋医学のお薬の両方。そして、とても面白いのが、御守りをいただけることです。御守りの中身は治療で用いていた手書きの小さな絵を組み合わせたもの。実際にわたしの気の流れはそれを身につけた途端に変わりました。また、その御守りはわたしが浄化に用いるクリスタルチップに強く反応します。


もし西洋医学的な治療に行き詰まりを感じるようでしたら是非一度チェックしてみてください。バイオレゾナンス医学、非常におすすめします。





32回の閲覧

最新記事

すべて表示

仁神術とは その五

みなさま、こんにちわ。 癒し処さんきち洋次郎でございます。 またもや、更新をせずに2ヶ月経ってしまいました。申し訳ありません。 一気に寒くなりましたがいかがお過ごしでしょうか? さて、指握りのつづき。 前回は人差し指握りについてお話しさせていただきました。 今回は5本の指について簡単な説明をさせていただきます。 親指 Worry 脾臓、胃臓、心配、悩み、考え事、クヨクヨ、 人差し指 Fear 腎臓

仁神術とは その四

皆さま、お元気でしょうか? 熱海 癒し処さんきち 洋次郎でございます。 昨日熱海では初めて蝉の鳴き声が響きました。 また、伊豆山は緑が溢れ、伊豆山神社にはとても濃い空気が漂っております。 さて、仁神術のつづき。 指握り。 これが仁神術のエッセンスであります。 何回でこの説明が終わるかは未定です。 指握り関して本がありますが、このブログをきちんと読んでいただければ特に目を通す必要はないよう説明する心

皆さま、お久しぶりでございます。癒し処さんきち洋次郎でございます。

いちおうこちらのブログを毎月更新するつもりで始めたのですが、なかなか思うようには事は運ばないもので、ふと気づくと半年以上手付かずのままでした。。。 失礼いたしました。 ここにかきたいことは山ほどあるのですが、なかなか時間を取れずにいました。 なので、ここで、月一の更新を宣言いたします。 ということで、今日はここまで! ありがとうございます。