治療Treatment

癒し処さんきちでは施術者が患者さんと一緒に

『からだの声を聞く』ということを最優先に治療をおこないます。

 私たちのからだはどんな状況でもそのバランス(恒常性)を保つ努力をしています。そのバランスを保つ力がうまく機能できなくなったとき、からだは小さな声でささやきはじめます。

しかし、その声に気づかないと、からだは声をだんだん大きくしていきます。そして、からだは聞いてもらうまで諦めません。

からだはあなたに気づかって欲しいのです。

自分のからだを気づかうことを望んでいます。

 肩こりがあるならば、肩に鍼を刺したり、揉んだりしてほぐすことは必要なことです。しかし、それで肩こりが良くなるのはほんのひと時で、肩こりの根本治療ではありません。急性疼痛と異なり、慢性疼痛(3ヶ月を超える痛み)は私たちの感情、考えとも深くかかわっていて、そのつながりを絶つにはそれなりの時間が必要となりますが、からだはどんな刺激に対しても反応します。少しずつですが、からだは変化していきます。からだの最も求める適切な刺激を加え、からだが変化していく様子を感じながら、痛み、悩みの原因を突きとめ、自分自身の一番の理解者となること、それが本当の治療です。

 癒し処 さんきちでは標治(対処療法)でなく、本治(根本治療)を目指します。そのため、患者さんには何が原因で痛みが発生したのかの説明を理解していただき、それを解決すべき治療をおこないます。それと同時に運動法、呼吸法、ヨガポーズといった宿題を持ち帰っていただき、それを通じて自分のからだと向き合っていただきます。

 癒し処 さんきちでは治療者と患者さんがともに協力して前進してゆく治療を目指します。

※さんきちでは保険診療はおこなっておりません。

熱海 癒し処 さんきち

        ヨガ 鍼灸 マッサージ 仁神術